カテゴリ:1xx 書籍( 58 )
2004年 年間ベストセラー発表
2004年 年間ベストセラー発表
株式会社トーハンは、2004年年間ベストセラー(集計期間=2003年12月~2004年11月)を発表しました。
1 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
2 世界の中心で、愛をさけぶ
3 バカの壁 養老孟司
4 ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君
5 グッドラック
 オレは一冊も読んでないなぁ・・・。それにしても、四位の「ドラクエ」ってすごいなぁ。発売一週間もないのに四位になるなんて。ソフトが三百万本売れたって事は、攻略本は何冊ぐらい売れたんだろう?ただ、これはトーハン調べだから、取次店が出荷した冊子数だろうから、ゲーム発売にあわせて出荷したのだろう。つまりまだ店頭に沢山あるのかもしれませんね。
[PR]
by bbookcentre | 2004-12-10 22:54 | 1xx 書籍
アイデアひねり出し本二冊
 隣町(表現古いなぁ)のBookOffに遠征してきました。いつもいっている店舗の1.5倍ぐらいだけど、本の品揃えが違うんですよね。郊外にある方がビジネス本とか沢山ありました。いつも行っている店舗の方が駅に近いので、人気のある本の回転が速いのかもしれません。次の日に行って本が無くなっていることがしばしばあるから・・・。
 さて今回、郊外の店舗で購入したのは、アイデアひねり出し系の二冊。考具(阪急コミュニケーションズ)と仕事の道具箱(青春出版社)。
 「考具」は、もともと、TBSブリタニカから出版されていたが、出版社ごと吸収合併されて、現在は阪急コミュニケーションズから出版されています。また、「仕事の道具箱」のほうは、青春出版社から。青春出版社って懐かしいですね。出る単(関西では、シケ単?)などの出版元ですね。
b0038893_2102050.jpgb0038893_2104112.jpg

More
[PR]
by bbookcentre | 2004-11-27 21:01 | 1xx 書籍
The 8th Habit: From Effectiveness to Greatness (邦題:『第8の習慣 (仮題) 』)

The 8th Habit: From Effectiveness to Greatness

  この新刊が出版される現在と『THE 7 HABITS OF HIGHLY EFFECTIVE PEOPLE』(邦題:『7つの習慣 成功には原則があった』) の初版が出版された当時(1990年)とでは、時代が大きく異なっており、私生活、人間関係、家庭、仕事、組織で人々が直面する課題は、ますます複雑さを極めています。そのような中でも、人々は、人生のあらゆる側面に主体的に関わり、生き生きとした、充実した人生を送りたいと願っています。人間の本質をしっかり見極め、モチベーションを高める(コヴィー博士はこれを、私たちの”内なる声”を聞くと表現しています)ためには、新しい考え方、新しい能力、新しい手段・・・つまり新しい習慣が必要とされているのです。『THE 8th HABIT: From Effectiveness to Greatness』(邦題:『第8の習慣 (仮題) 』)は、この”内なる声”を聞き、人間の情熱を見出すための道を示しています。
コヴィー博士は、「多くの人が、自分の才能が必要とされていない、あるいは認められていないと感じています。つまり、人間も組織も、真の”内なる声”を聞くことにより、問題を認識し、変化をもたらし、最良の方向性を見出したいと強く望んでいるのです」と語っています。


More
[PR]
by bbookcentre | 2004-11-22 06:59 | 1xx 書籍
【読書】「超」時間管理法2005
b0038893_23261993.jpg

Prologue「超」整理手帳10周年を迎えて
Part 1 私たちの時間管理法
 Point1 スケジューリング再考
 Point2 カンガルーホルダ活用法
 Point3 共同作業の方法
 Point4 カスタマイズ
Special Essay 「超」整理手帳で広がる新たな生活
Part2 新・「超」整理手帳徹底活用法

 十年目の「超」整理手帳に、野口悠紀雄の解説が付いている、
ここ数年恒例の「超」整理手帳のスペシャル版」である。
今年度版の特徴を挙げると、
1)アスコム製のメモノートが一冊付属(スペシャル版のみ)
2)スケジュールシートのレイアウトの変更(メモ用スペースの充実)
3)カンガルーホルダ、手帳カバーのさらなる改良
など。
 今回の特徴は、何人かのユーザの使い方が実際に紹介されていること。「超」整理手帳の発売当時、アスキーから関連本が出ており、その当時のユーザの使い方が紹介されていたが、最近は野口悠紀雄の概論的な記事だけでちょっと飽きていた。よって、一般ユーザの使用方法が実際に写真入りで紹介されているのは、大変ありがたい。普通の「超」整理手帳と価格の違いがあるが、ユーザの実例が読めるスペシャル版をお薦めする。
[PR]
by bbookcentre | 2004-11-15 20:58 | 1xx 書籍
【Books】英辞郎II、来年春に登場

監修:EDP
商品番号:7004001
発売日:2005年2月28日
A5判/160頁/本文2色刷 + CD-ROM1枚 (Win&Mac対応)
価格(税込) 2,500円
(左の画像は、旧版の英辞郎の表紙です)
いよいよ130万項目突破へ!さらに進化を続ける英和・和英データベース
 そしてついに、その新版『英辞郎 II』が2005年春に刊行。収録している英和・和英データベースがカバーするのは、一般的な単語のみならず、スラング、イディオム、ビジネス、経済、法律、特許、コンピュータ、科学技術、医学など、幅広い分野の用語や固有名詞(組織名・企業名・人名・国名・映画名・書名)。英語を職業にするプロはもちろん、学生から社会人まで、誰にでも、また、さまざまな用途に使えます。一家にひとつ、いや、英語に関心ある方なら、ひとりにひとつ、きっとご満足いただける使い勝手のよいデジタル・リファレンスです。

 私も「英辞郎」愛用しています。他の辞書ソフトより敏速なのがうれしい。ソフトが軽いので、PDAでも使用可能。PALMで使用する場合は、こちらを参考に。クリエでどこでも英辞郎
 ちなみに現在、英辞郎の入手方法は、バージョンは古いがアルク版を購入する方法、最強!パソコン辞書TOOLS(河出書房新社)を購入する方法、英辞郎の公式サイトから最新版を購入する方法などがある。
[PR]
by bbookcentre | 2004-11-13 16:19 | 1xx 書籍
【読書】お父さんのバックドロップ

b0038893_6334692.jpgブックオフで「お父さんのバックドロップ(集英社文庫)」を300円で購入。

中島らもの小説は、初めて読んだ。この本には、以下の四編が収まっている。
 お父さんのバックドロップ
 お父さんのカッパ落語
 お父さんのペット戦争
 お父さんのロックンロール
 本のタイトルにもなっている「お父さんのバックドロップ」は、映画の原作となっており現在、公演中(映画の情報は、こちら)。
どの小説もお父さんのつらさがしみじみと感じられるが、プロレスファンとしてはやはり「お父さんのバックドロップ」が泣ける。自分のお父さんがプロレスラーであることを隠したがる息子。出来の悪い師匠と弟子の心温まる話の「お父さんのカッパ落語」など、みんないい話だ。ひさうちみちおの挿絵も味があって、良い。

映画も見たいものだ。話もそうだけどスクリーンに映る中島らもさんの姿を見たら、泣いてしまいそうだ・・・。
[PR]
by bbookcentre | 2004-10-14 06:05 | 1xx 書籍
【読書】闘うプログラマー (上、下)
 やっと読み終わった。長かった・・。「闘うプログラマー―ビル・ゲイツの野望を担った男達上巻下巻(日経BP出版センター)」を読み終わった素直な感想だ。

 話の内容は、Microsoft WindowsNT3.1の開発のお話。現在、多くの人が使っているWindowXPの元の元になった(といっても十年ほど前の)OSの開発話である。
話の中心人物は、このOSを作るために、MicrosoftのビルゲイツにヘッドハンティングされたDavid Cutler(ディビッド・カトラー)氏。彼は、DEC社のミニコンピュータ、VAX用のVMSオペレーティングシステムを開発した中心人物の1人であった。(WindowsNTは、Windows with New Technologyの頭文字であると言われているが、VAX用のVMSの次に開発したから、VMSをそれぞれ次の文字にした、WNT(Windows NT)とするためだろうという噂もある。)

 内容の中心は、素晴らしいリーダーシップを発揮するが、荒々しい気性の持ち主であるカトラー、それに振り回されるいろいろな部下、上司。開発中に仕様、最終目的がたびたび変わる複雑な事情。家族まで巻き込んで、苦悩する開発スタッフ。スクラッチからの開発ゆえ、つぶしてもつぶしても消えないバグとの戦い、などなど。とにかく、ソフトウエア開発、その中でも全世界で売られている多種多様なPCのハードウエアに対応する必要があるオペレーションシステムの開発の恐ろしさを思い知らされた。
 ただ、長い。それに登場人物が多すぎ、その上、名前がカタカナだと覚えられないので、ゴチャゴチャになりそうだった(多くの登場人物は、それほど重要ではなく、登場回数も少なかったので、よかったけど)。技術的なことはあまり載ってないので、そのあたりのことは期待しないように。こんな厳しいリーダーがいたら開発が進むかもしれないが、自分のリーダーだったらどうでしょうか?胃に穴が開くでしょうね・・・・・・。
[PR]
by bbookcentre | 2004-10-08 05:52 | 1xx 書籍
【読書】女子高生誘拐飼育事件
ブックオフで「女子高生誘拐飼育事件(幻冬舎アウトロー文庫)」を105円で購入。

以前から、たびたび映画化された「完全なる飼育」の原作。実際に映像は見たことがないのが、以前から興味があった。
一応、実際にあった事件のノンフィクションとなっている。公判記録、資料、証言から書き下ろしたとのことだが、読んだ印象はほとんどフィクションのような流れ。
約六ヶ月の監禁生活を書いているが、あっさり犯人と女子高校生の心のやりとりが中心に書かれている。そのため実際の事件とはいえ、フィクション的に感じるのだろう。
なぜ著者がそのこのようなスタンスで、この著作を書いたのがは分からない。
犯罪の卑劣さではなく、男女の関わりを書きたかったのであろうが、関係者、特に誘拐された女性の家族に立場になって考えられると、こんな切り口でノンフィクションとして書かれては困る。

実際にこのような事件は今も起きている。新潟県で数年間監禁された事件もあったし、本日も下記のような事件が報道された。

高1の女子生徒連れ回した疑い 49歳男を逮捕 茨城
[PR]
by bbookcentre | 2004-10-06 03:42 | 1xx 書籍



個人的な読書、手帳、文房具などの記録。でも最近はどんどん読書の記録より、手帳、文房具のウエイトが増えてますね。このままでいいのか、サイトを分けるべきか思案中です・・・。
by bbookcentre
カテゴリ
全体
1xx 書籍
3xx 雑誌
5xx 手帳、文房具
 53x RHODIA
 55x 「超」整理手帳
 57x 筆記用具
7xx 雑記
未分類
検索
お気に入りブログ
Links
exblog関係
exblog向上委員会

「超」整理手帳
(仮)大人日記
考えることの道具箱
タイムマネジメントツール評論
Make a Difference
投錨備忘録
流行りモノと気になるビジネス書のログ
サラリーマン失格
文房具とラーメンの日々
おヒゲさん
thekawasakifamilies
KOL blog
Think positive
ICHIKEI's Blog
ink spot
Let's be adlut
気まぐれ物欲通信
とことこ ぶんぶん
A Day in My Life
できるビジネスマンになりたい!
ふろむらきー
** びぃちゅう>あっぷ **
雑記帳〜知財検定対策ノート〜
広く、浅く。。
今日を評価する(旧・ブログと日記の間に)
ブログと日記の間に
Sai10 Sight
古谷大輔(歴史学・北欧史)のブログ

手帳、文房具
(仮)大人日記
考えることの道具箱
Stationary.blog
五感を吸収するスポンジ
Make a Difference
流行りモノと気になるビジネス書のログ
サラリーマン失格
舘神blog
文房具とラーメンの日々
こんな「手帳」が欲しい!
色物文具専門サイト【イロブン】
pocketbook
投錨備忘録
HappyHack
CABetu:Blog
Time Management
カエサル式手帳術
はじめての一人暮らし ~独身サラリーマン記~
理想手帳への108の手段
手帳と夢と成功と
Think positive
びっとらんだむ:ぶろぐ
ICHIKEI's Blog
ink spot
手帳術の本棚
小さな赤い鶏
Caffeinist Chronicle
Pastor's Blog
コンセルト社会保険労務士法人
アメリカの手帳

読書
かこぶーの書棚
箱女の彷徨いblog
早川ノンフィクションblog
本好きブログ
書庫~30代、女の本棚~
本のシャワーにさらす肌
本のある生活
Love Books
ブクログ
Go’in☆My Way Personal Blog
天神山/本の日記
本魂
生産性を高める!?読書日記

書店
オンライン書店bk1
bk1-トラックバック対応
bk1スタッフレビュー
smashmedia
amazlet
最新のトラックバック
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism