<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ヤンタン、大ナベさんの本

ヤンタンの時代。
渡辺 一雄著
税込価格 : \1,260 (本体 : \1,200)
出版 : キッズネット
サイズ : 四六判 / 204p
ISBN : 4-04-894340-5


 みんなの胸にもきっとある。MBSヤングタウンのファンタスティック・メモリーズ。プロデューサー、ディレクターがいま語る。明石家さんま、谷村新司らヤンタン出演者の笑いと涙のハートウォームなヤンタン物語。

著者紹介
渡辺一雄 1935年生まれ。大阪教育大学音楽科卒。毎日放送に入社し、ラジオ番組「MBSヤングタウン」を20年にわたり担当。現在、音楽プロデューサーとして後進の指導にあたる。
 渡辺 一雄というより、リスナーの人には、「大ナベさん」として有名な方がヤンタンのお話を書きました。ヤンタンの出演者の思い出を、それぞれの章にして書き連ねてあります。ヤンタンの全歴史と言うより、創生期から二十年ぐらいの歴史が中心・・・。後半の、ダウンタウンとかよゐこの話は出てきません・・・。
第一章「みんな名もない新人だった」
斎藤努、桂三枝、笑福亭鶴光、角淳一、諸口あきら、谷村新司、笑福亭鶴瓶、やしきたかじん、明石家さんま、島田紳助、白井貴子、本木雅弘、原田伸郎、渡辺美里、笑光、雀々、笑瓶、MAKOTO、チャゲ&飛鳥、伊東正治 ほか
 昔話なのでリスナーには、懐かしい話、その当時は聞けなかったお話ばかりです。私にとって初めての話も多かった。(特に、チャゲアスの飛鳥さんと現在その奥さんとの出会いなどは、初耳。)以前、鶴瓶さんが自分のラジオ番組で言っていた「聴取率10%」のことも、載っておりました。(と言っても、一位は、谷村さんばんばさんの曜日、二位は鶴光、角アナの曜日ってなってましたけど・・・。)
 一切その当時の写真が使われていないのが残念。何か使えない理由があったのかなぁ?最後には、簡単ですがヤンタンの年表が載っておりますが、あまり詳しく載っていませんのでご注意。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-29 15:46 | 1xx 書籍
佐々木かをりさんの来年の手帳、もう発売!
Omnis habet sua dona dies.さんのトラックバックで教えていただきましたが、昨年発売されて、私も話題として取りあげた佐々木かをりさんのアクションプランナーがもう発売がスタートしています。早いなぁ・・・。
佐々木さんのe-woman手帳コーナーは、こちら
佐々木かをりです。いよいよ、2006年版「アクションプランナー」の発売となりました。わたしが10年ほど使い続けていた手帳を、日本向けオリジナルとしてご紹介したのが2005年。手帳の名称も、人生脚本を書くための行動計画帳、という意味を込めて「アクションプランナー」と名づけました。大変好評をいただき、嬉しい限りです。
今年の2006年版は、少し改良をしてみました。毎日使っていただく見開き1週間のページは、日曜日まで同じ30分メモリにし、朝7時から夜10時までとしました。日本の祝日などが入った日本向けオリジナルです。
また、前の方には、新しく、見開き1カ月の「プロジェクト・アット・ア・グランス」というページを作りました。ここは、自分が計画を立てる前に、頭の中で描く複数のプロジェクトとの関係性、整合性を一度に見て考えるためのページです。詳しい使い方は2005年秋に発行予定の時間管理の本に書く予定です。更に今年は、革装のカバー、7色を加えました。2005年版と同じカバーとあわせて販売です。

「アクションプランナー」を使って早くも成果が出たというメールをたくさんいただきます。2006年も、ぜひ活用してくださいね。
 ちゃんと昨年のユーザーの感想などから、改良が進んでいますね。
今年もカラフルなカバーが揃ってます。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-23 11:33 | 5xx 手帳、文房具
パーネルホールの表紙が代わった!!

休暇はほしくない
ハヤカワ文庫
パーネル・ホール (著)
田中 一江 (翻訳)
 以前数冊読んだことのあるパーネルホールの本の表紙デザインが、がらっと変わってしまった・・・。以前の表紙デザインは、江口寿史さんだったのであるが、朝倉めぐみさんに代わっていた。朝倉めぐみさんは、本当にいろいろなデザインを手がけていますが、最近の作品では「ブリジット・ジョーンズの日記」の表紙も手がけられております。
 もちろん、著者が代わっているわけでもないし、訳者が代わっているわけでもないけど、表紙が代わるだけで印象って代わりますね。特に、今までの江口寿史さんの表紙が下にあるように主人公(とは明記してないので、主人公らしき男性)が、毎回困った顔をして表紙に登場していたので勝手に、「主人公はあんな困った顔ばっかりしているんだろうなぁ」と想像しながら読んでいました。

朝倉めぐみさんのウェブサイトは、こちら

 パーネルホールのこの「スタンリー・ヘイスティングス」シリーズのもう一つの特徴は、タイトルの面白さ。最初の作品、「Detective (探偵さん)」の日本語タイトルが、「探偵になりたい」。その後のタイトルも、
MURDER → 犯人にされたくない
FAVOR → お人好しでもいい
STRANGLER → 絞殺魔に会いたい
CLIENT → 依頼人がほしい
JUROR → 陪審員はつらい
SHOT → 撃たれると痛い
ACTOR → 俳優は楽じゃない
BLACKMAIL → 脅迫なんか恐くない
MOVIE → 脚本家はしんどい
TRIAL → 裁判はわからない
SCAM → 罠から逃げたい
SUSPENSE → サスペンスは嫌い
COZY → 休暇はほしくない

この日本語タイトルを考えた人は、素晴らしい!翻訳家と編集者で決めるんだろうけど、私は最初の数点のタイトルにやられて読み始めました。

次回作は、MANSLAUGHTER (直訳すると、過失致死罪)。
これをどんなタイトルで出すか、楽しみです。


サスペンスは嫌い
ハヤカワ・ミステリ文庫
パーネル・ホール (著)
田中 一江 (翻訳)

[PR]
by bbookcentre | 2005-07-23 01:55 | 1xx 書籍
ロディア純正カバー
以前取りあげた、RHODIA純正のカバーの実物を見ることが出来ました。最近行った紀伊国屋書店さんでRHODIAのスペースが増えたなぁと思っていたら、店頭に並んでいました。

ロディアNo.11用純正カバー(ビニール製、840円)
色は、ブラック・シルバー・オレンジ・レッドの四種類。
表紙には、型押しでRHODIAのマークがあります。
色合いなどのチェックはこちらを参考に
ロディアNo.11用純正カバー - デザイン文房具「分度器ドットコム」

ロディアNo.11用純正カバー(クオバディス合皮製、1680円)
色は、ブラック・ベージュ・レッドの三種類。
表紙には型押しでクオバディスのマーク、内ポケットには、RHODIAのマークがあります。
色合いなどのチェックはこちらを参考に
欧州文具店 RHODIA ブロックロディア ロディアカバー

ちょっと欲しいなぁ!と思ったら、Slip-Onのカバー持っているんだった・・・。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-16 12:44 |  53x RHODIA
子供のうちに計画性とつけておこう!

親子でやってみよう! 計画力おもしろ練習帳
佐々木 かをり (著)
価格: ¥1,050 (税込)

目次
ステップ1 どんなことをやりたい?
      ――バラバラ作戦で、やりたいことを1つずつ書き出す
ステップ2 数字に「変身」させよう!
      ――何回に分けられる? どのくらいかかる? いつまで?
ステップ3 順番をつけていこう!
      ――計画を立てる順番に3つのグループに分ける
ステップ4 計画表に書いてみよう!
      ――まずは、「決まっている」ことを先に書く
ステップ5 使える日は何日あるかな?
      ――引き算で使える日を計算する
ステップ6 計画は楽しいパズル合わせ!
      ――空いている時間に行動計画を書き込む
ステップ7 キミが主役。やり直してもOK!
      ――次の日以後の空いている時間に移すだけ
☆7週間(49日)分の計画表(1日1ページ)
☆コラム
☆1週間時間割表(子ども向け&大人向け)
☆別冊「保護者・指導者のみなさまへ」
☆シール426枚
 子供向けの時間管理法のムック本です。驚きなのが、著者は何とあの「佐々木かをり」さんです。まさかあの人がこんな子供向けの本を書くとは思いませんでした。(表紙で推薦している斎藤先生についてはノーコメント。)ちなみに発売元は、能率手帳さんの日本能率協会マネジメントセンターさんです。
 以前は少子化だから、子供相手の商売は先無いよ、っていわれていたけど実際はそんなことなくてどんどん子供に掛ける教育費などは上がる一方。それに目をつけたのかな?
 今日は店頭でちょっと見ただけなんだけど、時間管理再認識にためにちょっと購入を考えてます。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-16 01:14 | 1xx 書籍
書店の検索システム
先週末、いろいろ書籍を探しに、紀伊國屋、ジュンク堂、旭屋書店をハシゴ。どこの書籍もでかいので店頭にある在庫の検索システムを利用。

紀伊國屋書店
 以前の検索システムと代わった模様で最新のシステムは使いやすい。(現在でも、店舗によっては、昔の検索システムを使用しています。)例えば、検索キーワードの入力方法が、日本語なら、五十音表記一覧だけではなく、携帯式の入力方法も選択できるし、アルファベットなら、ABC順表記だけではなく、PCのQWERTY表記も可能。
 検索結果も、在庫のあるなし、店内の位置だけではなく、本の内容、著者に関するコメントなどもあり、大変使いやすい。
 また、洋書の検索も可能。三十年前の洋書もちゃんとデータベースに入ってるのは凄い。

ジュンク堂
 著名だけではなく、キーワード検索もできるのはよい。入力中でも逐次検索されるのは便利だが、一文字入力ごとに「何件です!」「何件です!」って件数を読み上げるのがうるさい!特に、四台横並びになっているところだと、うるさすぎます(笑)。

旭屋書店

 特に可もなく不可もなく・・・。タイプとしては昔の紀伊國屋さんの検索システムと同等。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-12 13:51 | 7xx 雑記
キングの「小説作法」を探して・・・。
最近ある英語のサイトで、文章作成の参考書を探していたら、その一覧の中に「スティーブン・キングのOnWritingを薦める」とあった。

スティーブン・キングって、あのキングか。
 それでいろいろ調べてみると、間違いなく「キャリー、ミザリー、Itから、スタンドバイミー、ショーシャンクの空」、のスティーブン・キングで「小説作法」として当然翻訳本も出版されていました。別に最新刊でもないし、古本屋で買えるかなと思い、あちこちで探すが見つからず・・・。梅田周辺の書店を探したが、みつかず・・・。それで最近よくある書店内の検索用のコンピュータで探すことに。(紀伊國屋、旭屋、ジュンク堂と探してきたが、各店の検索システムが一長一短あり。その話は、また別の機会に・・・。)

 で、発見!表紙のデザインが変更されてました。それにキングの本棚ではなく、店頭で平積みスペースにあったり、本棚でも背表紙ではなく、表紙を正面にしておいてあったりしました。(そりゃ、見つからんわ・・・。)
 理由は一目瞭然。「超」整理手帳の野口悠紀雄氏、多産系でおなじみ(?)の斎藤孝氏のご推薦を受けて、それを表紙全面に入れるためにデザイン変更。そしてそのお二人の推薦+スティーブンキングならば、売れないわけ無いだろうと書店の思惑で、店頭陳列になった模様。(当然、全て私の推測ですけど・・・。)

 (話は逸れますけど・・・。この本を探しに行って時に、雑誌「創」を立ち読み。和歌山カレーヒ素事件の話もあったのですが、その雑誌に、斎藤孝氏の教育論に関する記事がありました。斎藤氏のあるところでの講演、内容的には、「演説に近いモノ」について書いてあったもの。その中で中高校生の教育、学力について「一時間に、原稿用紙十枚、二十枚、三十枚とどんどん書けるようになってもらわないと困る!」と断言していたそうです。さすが、「多産系」だけあります。
それ以外にも教職員を目の前に、いろいろご自分の教育論を述べていたようです。)

 さて、話は戻って・・・。探したのはいいんですが、いまいち。訳が悪いのか、元々のキングの文章が私に合わないのか。それとも、完全なマニュアル本のような箇条書きなどなく、小説タイプなのが悪いのか。ちょっと立ち読みしただけですけど、購入を躊躇してしまいました。
 一番驚いたのは、英語の文章作成の古典中の古典のルールブック、The Elements of Styleを「文体の要素」って訳を当てていること。日本語版のタイトル「 英語文章ルールブック」を使うとかしろよって感じ。ただ、あのスティーブン・キングでさえ、あの「The Elements of Style」のルールを今でも心にとめて文章を書いていることにはいたく感銘した。もう一回俺も、The Elements of Styleを読み直そうと思う。
 
注釈:雑誌「創」の記事は、斎藤孝氏が書いたモノではありません。斎藤貴男氏が一文字違いの「斎藤孝」氏を取りあげて書いた記事です。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-09 15:08 | 1xx 書籍
広告付きのブックカバー
久々に、旭屋書店に行ったら書店の片隅に、見慣れぬブックカバーが・・・。
表紙は、劇団四季のキャッツの面々(ネコさんのお顔が三つ。迫力充分!)で、裏面は黒バックに「劇団四季」「(あの字体で)CATS」と書かれています。(今デジカメが見あたらないので、あとで写真撮れたらアップします。)

 ブラジャケっと言うモノらしく、ちゃんとWebsiteもあります。
BRAJACKETのWebsite(http://wwww.b-j.jp)。
ラック設置店は、こちら。ほとんど首都圏に百店だけであとは関西に五店だけ・・・。WebsiteのCollectionをみると、過去の「作品」と呼びたくなるモノがいっぱい並んでいます。マイクロソフトのブラジャケ、WindowsXPとかの宣伝かと思いきや、Office:macの宣伝とは・・・。これ欲しいなぁ。それ以外にも、鈴井監督の「銀のエンゼル」とか、新日本プロレスのヤツとか・・・映画の宣伝モノも多いですね。もらってきたCATSのヤツは最新のモノらしい。
 ブラジャケの形は、一言でいうと「胴の部分を二倍が長くしたTシャツ」で自分で折りたたんでかぶせる。素材は紙だと思うけど、表面がコーティングされているのでツルツルで、確かに発色がいいので電車の中でも目立ちます。広告効果ばっちり!(普通のブックカバーだと、書籍の表紙の色が透けてくるのでいまいち発色よくなかったですよね。)

 書皮といえば、こちらに「ダウンロードできる書皮一覧」があります。皆さんも使ってみてください。
[PR]
by bbookcentre | 2005-07-09 13:09 | 1xx 書籍



個人的な読書、手帳、文房具などの記録。でも最近はどんどん読書の記録より、手帳、文房具のウエイトが増えてますね。このままでいいのか、サイトを分けるべきか思案中です・・・。
by bbookcentre
カテゴリ
全体
1xx 書籍
3xx 雑誌
5xx 手帳、文房具
 53x RHODIA
 55x 「超」整理手帳
 57x 筆記用具
7xx 雑記
未分類
検索
フォロー中のブログ
Links
exblog関係
exblog向上委員会

「超」整理手帳
(仮)大人日記
考えることの道具箱
タイムマネジメントツール評論
Make a Difference
投錨備忘録
流行りモノと気になるビジネス書のログ
サラリーマン失格
文房具とラーメンの日々
おヒゲさん
thekawasakifamilies
KOL blog
Think positive
ICHIKEI's Blog
ink spot
Let's be adlut
気まぐれ物欲通信
とことこ ぶんぶん
A Day in My Life
できるビジネスマンになりたい!
ふろむらきー
** びぃちゅう>あっぷ **
雑記帳〜知財検定対策ノート〜
広く、浅く。。
今日を評価する(旧・ブログと日記の間に)
ブログと日記の間に
Sai10 Sight
古谷大輔(歴史学・北欧史)のブログ

手帳、文房具
(仮)大人日記
考えることの道具箱
Stationary.blog
五感を吸収するスポンジ
Make a Difference
流行りモノと気になるビジネス書のログ
サラリーマン失格
舘神blog
文房具とラーメンの日々
こんな「手帳」が欲しい!
色物文具専門サイト【イロブン】
pocketbook
投錨備忘録
HappyHack
CABetu:Blog
Time Management
カエサル式手帳術
はじめての一人暮らし ~独身サラリーマン記~
理想手帳への108の手段
手帳と夢と成功と
Think positive
びっとらんだむ:ぶろぐ
ICHIKEI's Blog
ink spot
手帳術の本棚
小さな赤い鶏
Caffeinist Chronicle
Pastor's Blog
コンセルト社会保険労務士法人
アメリカの手帳

読書
かこぶーの書棚
箱女の彷徨いblog
早川ノンフィクションblog
本好きブログ
書庫~30代、女の本棚~
本のシャワーにさらす肌
本のある生活
Love Books
ブクログ
Go’in☆My Way Personal Blog
天神山/本の日記
本魂
生産性を高める!?読書日記

書店
オンライン書店bk1
bk1-トラックバック対応
bk1スタッフレビュー
smashmedia
amazlet
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism